タイに行けないので家でムーガター

 

 

 

コロナ渦でタイにも行けず美味しいタイ料理も食べれない。

たまにはタイ料理を食べたい。

 

意外とタイ料理は癖になるのかもしれない。

1週間の中で最低でも1日はタイ料理を食べたい。

 

 

そんな中、日曜日は比較的家族が集まりやすいので、
事前に告知していて今度の日曜日はみんなでムーガタを食べる事にした。

 

 

ムーガタを知らないひともいると思うので
ムーガタについてはこちらの記事を参照にしてください。

 

 

 

 

たれはうちの奥様が本場仕込みの味を披露してくれる。
肉は私の担当でムーガタに合う肉を買い付けに行く。

 

 

ムーガタの鍋はアルミの安い兜型が定番であるが、
日本で入手するのに何千円と意外と高額なため、
日本版ムーガタ鍋を事前に購入した。

 

タイでは500円でおつりがくる。

 

 

確かに輸入品のため
関税や運賃がかかっているのは十分承知であるが、
現地で事情を知っているとなると抵抗がある。

そのためあえて国産のムーガタ鍋を頼んだ。

 

 

なんと陶器のムーガタ鍋、
始めて使うため楽しみである。

 

 

 

夕方になり家族が集まり準備万端

カセットコンロに鍋をセットする。

 

 

鍋はジンギスカンの鍋に溝が深いイメージ

ただし、てっぺん部分が平らになっているので、
その部分で肉を焼くようになっている。

 

 

溝の部分にスープを入れて、ガスコンロに火を付ける。

 

鍋が熱くなってきたら肉を投入、
あまり多く焼けないので少しづつ焼きながら、
スープの中に野菜や春雨を入れる。

 

 

焼けた肉にたれをつけて食べる、
これだけでも美味しい。

しかし、ムーガタの醍醐味はスープにある。

肉を食べた後には、
野菜や春雨が入ったスープも一緒にいただける。

 

ナムチムが用意されているので自分好みのスープを作れる。

スープの中に焼肉を入れても美味しい。

 

焼肉とスープが一度に味わえるアイデア焼肉ムーガタ

これを考えてた人は、
効率が良い考え方の持ち主に間違いない私も脱帽です。

 

 

ムーガタで食べる肉は意外と何でも合う。

 

豚トロ、カルビ、ロース、ハツ、ホルモン

肉から出る肉汁がスープに溶け込みコクのある味に変えてくれる。
そこにナムチムで自分好みの味にしながら、焼けた肉を食す。

 

 

 

美味しい、でも辛い、でも美味しいの言葉が飛び交う(笑)

 

 

 

日本の焼肉はほとんどが韓国スタイル、
それに比べてまだまだマイナーであるが
タイの焼肉『ムーガタ』も覚えておいて欲しい。

 

 

 


【我が家のタイ料理】還暦おやじの元気の素はカオマンガイ

 

 

『カオマンガイ』

 

 

タイ料理が好きな人なら一度は口にした事があると思う。

タイ料理と言えば「・・・」というくらい日本でも人気がある。

 

 

茹でた鶏肉とそのゆで汁で炊いたタイ米を一緒に食べる料理。
味噌ベースのニンニクが効いた甘辛いタレをつけて食べるのが特徴。
きゅうりとパクチーがトッピングされている。

 

 

 

タイ語で「カオ」はご飯
「マン」は油
「ガイ」は鶏肉

別名「海南鶏飯」とも呼ばれている。

 

 

中国のハワイと呼ばれる

海南島出身の華僑が伝えたレシピと言われている。

 

 

東南アジア各国に広がった「海南鶏飯」はタイはカオマンガイ、
シンガポールではシンガポール・チキンライス
ベトナムはコムガー
インドネシア、マレーシアではナシ・アヤムなどと呼ばれ
独自にアレンジされ庶民食となっている。

 

 

 

作り方はほとんど同じなのだが、
タレはその国の個性が出ていて独特。

 

 

シンガポール・チキンライスは甘い醤油、
おろし生姜、チリソースと3つのソースで食べる。

 

ナシ・アヤムは生姜と唐辛子がベース、
唐辛子のソースはパクチーの根やニンニク、
レモンなど10種類近い食材をブレンドしている。

 

コムガーは醤油にヌクマムを合わせニンニク、
生姜、赤唐辛子、レモンが入っている。

 

 

 

 

 

 

タイの味噌をベースにしたカオマンガイのたれ

 

 

カオマンガイの作り方は水から鶏肉を茹でていく。

 

パクチーの根、ニンニク、ナンプラーなどで
味付けした水から鶏肉に味が入るように茹でる。

 

鶏肉は完全に火を通さないこと、
余熱で仕上げることでしっとりでジューシーな仕上がりになる。

 

 

 

茹で汁はそのまま米を炊くときに使う、
またスープも茹で汁を使う。

苦瓜を入れたスープが美味しい。

 

苦瓜がない場合、我が家では大根を入れるが意外と合う。

 

 

 

タイでは屋台料理としてどこにでも売られている。

一人前40バーツから75バーツ
130円から250円(2020年現在)

 

 

本当はタイに行き屋台のカオマンガイが食べたいのだが
このご時世なので簡単には行けなくなってしまった。

 

 

 

近くのタイ料理屋で食べる事も出来るが、
我が家には名料理長がいる(笑)

我が家の料理長はタイの調理師の免許証を持っている。

タイ料理の中でも東北の田舎料理を得意としている。

 

 

ゲーン(カレー風)は独特の作り方で癖になる味、

カレー風であるが色は着いていないスープ。

 

たくさんの野菜と豚や牛のスジ肉、
魚などを使いニンニクと唐辛子で味を引き立てている。

ご飯が何杯でも行けそうな料理。

わが家ではタイの調味料はほとんど揃っている。

 

タイの野菜はあまりないので日本のものを流用しているが、
家庭菜園ではタイの野菜が育てられている。

 

 

 

 

 


イサーン料理「ゲーンノーマイ」

 

 

 

 

わが家の奥様の実家でもあるタイのイサーン
イサーン料理のタケノコが入っているスープを紹介しよう。

 

ラオスでも有名なイサーン料理「ゲーンノーマイ」

 

同じタケノコ料理で
「スップノーマイ」というイサーンのサラダによく似ている。
味付けもほとんど同じで、
ナンプラーやバジル、レモングラス、唐辛子、砂糖などで味付けされている。

 

 

スープの場合タケノコの臭みを消すために、
「ヤーナーン」という植物の葉を潰した汁を使う。

 

ところがこのヤーナーンがかなり独特の匂いがあり苦い。

日本では手に入らない。

 

私がタイのイサーンのサコンナコーンの実家に行ったときに、
みんなで食べていたのが「ゲーンノーマイ」
ところが、サコンナコーンの実家の場合タケノコ以外に何か入っている。

 

イサーンでは昆虫を食べる習慣がある。

 

日本でも昔はよく見かけたタガメやゲンゴロウ

そして小川などにいた川虫

その他カエルはもちろんセミや蟻なども食材とされている。

 

サコンナコーンの実家のスープに入っていたのが、

ゲジゲジ系で川虫のようなムカデのような虫たちが何種類か混じっている。

 

流石の私もゲジゲジ系は食べたいと思わない。

 

虫なしで少し食べてみた。

 

味の感想は苦いの一言、最初に苦味がガツンと来て
後からタケノコの味やらナンプラーの味やらがついてくる。

辛さがじわじわと後から押し寄せる。

 

美味しいのか不味いのか・・・

二回目は無いスープであった。

 

 

日本では、我が家で奥様が度々イサーン風カレーを作る。
と言っても、カレーとは程遠くカレーの味はしない。

えのきだけや玉ねぎ、タケノコなどが入っている。

 

ご飯と一緒に食べると辛い、
独特のナンプラーの風味が食をそそる。

 

これによく似ているのが我が家のゲーンノーマイ
タケノコとえのきだけ、鱈の身とさつま揚げが入っっている。
ヤーナーンがないため深緑の色がしていない
唐辛子で辛く味付けされていてご飯がすすむ。

 

見た感じ美味しそうなのだが、
思わずタイの虫入りゲーンノーマイを思い出してしまう(苦笑)

 

奥様の手料理に文句は付けられない。
美味しいと食べなければ二度と作ってはもらえない。
虫が入っていないだけ幸せである(笑)

 

 

 


我が家のタイ料理は鶏の足カレー

 

 

 

日本でもカレーの中身は様々、

牛肉もあれば豚肉もあり鶏肉もある。

 

今回紹介する「ナーム・ヤ―」もカレーの仲間
相性が良いのがカノムチン

日本で言うならばそうめんである。

 

 

タイ料理の中でもカノムチン(そうめん)の食べ方はたくさんある。

 

 

日本のそうめんとの違いは
タイのそうめんは米粉から出来ている。
生麺のため日本では一から作らなければならない。

 

 

それに代わるのが日本のそうめん
スープと一緒に食べたりおかずと混ぜたり、
サラダと混ぜたり多種多様である。

 

 

今回は我が家で作る
【カノムチン・ナームヤ―・ティーン・ガイ】という料理を紹介しよう。

 

 

そもそもカノムチンを美味しく食べるための料理

 

 

 

これだけでも十分に美味しいしおかずにもなる。

ご飯と一緒に食べても美味しい。

 

 

ナームヤ―とは、焼いた魚をレッドカレーペーストに入れ
一緒にココナッツミルクで煮込んだカレーの事を言う。

 

昔、タイの王様のラマ5世が食欲がないときに考えられた料理で、
これを食べた王様が元気を取り戻したことからナームヤ―と名付けられた。

 

 

そして「ティーン・ガイ」は鶏の足である。

 

「えっ」と驚くかもしれないが、
日本ではマイナーであるが東南アジアでは普通に食されている。

中国や韓国や台湾、フィリピンやタイやマレーシアなど

 

 

日本では「もみじ」が有名で大分県日田市の郷土料理となっている。
甘辛く煮込んだ料理で酒のあてにはもってこいである。

 

 

ネット通販で買うこともできるし業務スーパーでも取り扱っている。

 

 

袋に入った鶏の足をきれいに洗いレッドカレーぺーストに
ココナッツミルクを入れる。

ツナの缶詰を入れて一緒に煮込む。
調味料と唐辛子で味を調えれば出来上がる。

 

 

食べ方として茹でたそうめんを器に盛り、
そこに生野菜をたっぷりと入れる。

 

もやし、キャベツ、キュウリ、貝割れなど
生で食べられる野菜はほとんど大丈夫。
普段の野菜不足はこの時だけは解消してくれる。

 

 

その上に熱々のナームヤーを掛ける。

 

 

 

一緒に鶏の足も入れる。

見た目は悪いが一度食べてみるとびっくりするくらい美味しい。
コラーゲンたっぷりのプルプルの食感がたまらない。

 

 

私がタイで良く食べていた鶏の足、
煮ても良いし焼いても良い。
ビールのつまみに一番合うと思う。

 

 


【タイ料理】今夜の我が家のカレーはグリーンカレー

 

1週間の中でタイ料理が出てくるのは土曜日と日曜日。

しかし、私の奥さんはタイ料理より日本料理の方に興味がある。

 

私がリクエストしないと
いつまでもタイ料理にありつくことが出来ない。

 

タイ料理をつくっているときは、
「ただいま」と玄関を開けた瞬間にすぐに分かる。

 

 

タイ料理独特の調味料の臭いやパクチーの匂い、

私はその匂いを嗅ぐたびにタイの各地の光景が目に浮かんでくる。

 

 

 

今回はタイでも有名なグリーンカレー

 

 

 

タイのカレーはレッド、イエロー、グリーンに分かれている。

グリーンもイエローもベースはココナッツミルク、

甘みの中に辛さがある。

 

 

 

タイ語でグリーンカレーを「ゲーン・キャオ・ワーン」という。

(緑色の甘い汁物)

 

ゲーンは汁物

キャオは緑色

ワーンは甘い

 

レッドカレーは「ゲーン・ペット・デーン」(赤い辛い汁物)

イエローカレーは「ゲーン・カリー」(カレーの汁物)

 

 

日本のカレーとしての位置付けは無くタイではあくまでも汁物、

外国人に分かりやすく覚えてもらうためにカレー料理として出している。

 

奥様の作るグリーンカレーの具材には、
鶏肉と茄子とこぶみかんの葉(バイマックルー)が入っている。

 

ご飯にかけて食べるのも良いが、
昼食であっさりしたものという感じではご飯ではちょっと重い。

 

 

 

そんな時はそうめんが合う。

タイでは定番の「カノムチーン」

 

 

 

 

そうめんカレーはタイの朝食では欠かせない。

 

 

 

我が家のグリーンカレーそうめんのトッピングには、
もやし、レタス、カイワレ、ネギをたっぷりとそうめんにのせ、

グリーンカレーをどっさり掛けて混ぜる。

 

 

 

 

ほど良い辛さとほんのり甘いグリーンカレー、

そこにナンプラーを少し振りかけると味にパンチが効いてくる。

 

するすると口の中に入り喉を流れ込み、
あっという間にお腹の中に入って行く。

 

至福の昼食タイムである。

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ