スリル感最高!泰緬鉄道で行くアルヒル桟道橋

 

 

カンチャナブリーの観光の目玉は
「戦場に架ける橋」が有名だが、
ほかにも見どころは沢山ある。

 

エラワンの滝やサイヨークノイ滝、

アルヒル桟道橋やチョンカイの切り通し、

旧日本兵が掘り当てたヒンダート温泉など、

観光客を惹きつける魅力の場所が多い。

 

 

その中でもアルヒル桟道橋へ、

泰緬鉄道に乗りのんびりと行ってみることにした。

 

泰緬鉄道の始発駅はバンコク郊外の、

トンブリー駅からミャンマーの国境近くの、

ナムトック駅まで約180㎞、
所要時間は5時間ほどである。

 

 

一日2往復しており、
1等、2等、3等と違う列車が運行している。

週末は臨時列車が用意され蒸気機関車が走る。

 

 

トンブリー・ナコンパトム・カンチャナブリー・クウェー川鉄橋・

ターキレン・タムクラセー・ナムトックと各駅がある。

 

私はカンチャナブリー駅から乗って、

タムクラセー駅まで行く事にした。

 

 

時刻を調べると10時25分発があった。

 

まだ、時間があるので駅前の食堂で遅めの朝食、

駅前広場は夕方にならないと屋台が出ないらしい。

 

 

10時頃駅に行ってみると車輌が入っていた。

 

駅で切符を買いホームへ出てみると、

ホームから離れて車輌が止まっている。

 

ホームから線路に降りてデッキを登り列車に乗る。

この何とも言えないローカルらしさが好きだ。

 

 

中に入ると、観光客と一般客が分かれている。

所要時間は1時間15分、
運賃は外国人100バーツ(340円)

 

10時25分「プゥオーン」と汽笛が鳴り列車が動き出す。

 

さぁ、いよいよ出発だ
・・・・と思ったらガクンと止まった。

するとバックしていく
あれ?
どうやらバンコクから来た列車と連結するらしい。

 

 

ガシャッと連結され10時40分に再度出発。

まもなく、クウェー川鉄橋駅に到着。

 

 

ものすごい観光客、
あっという間に列車は満席状態。

 

戦場に架ける橋をゆっくり進みながら
次の駅ターキレンへ向かう。

山並みや田園風景を望みながらゆっくりと列車は走る。

 

ターキレン駅到着、間もなく動き出す。

左手にクウェー川を見ながら、
のどかな景色を楽しんでいた。

 

 

すると、突然岩盤が近づいてきた。

 

知らずに顔を出してたら間違いなく、

血だらけになるくらいの
すれすれの距離に岩肌が削られている。

 

 

そこを何事もないように列車は通過していく。

間もなくして、列車がスローダウン。

右側の岩肌すれすれに通過していく。

 

そして、有名なアルヒル桟道橋へと差し掛かる。

 

   

 

 

観光客から歓声があがる、
私も思わず声を出す。

 

車速は5㎞くらいでゆっくりと渡っていく。

 

クウェー川に沿って岩壁すれすれに作られた

全長300mのS字カーブの木造橋。

 

 

旧日本軍の指揮で苦労して敷設した難所、
断崖絶壁に沿わせるように木橋が建設された。

 

ビューポイントが沢山あり、
無我夢中でシャッターを切る。

 

タムクラセー駅に到着、
列車が完全に止まらないうちに客がデッキから飛び降りてくる。

 

 

駅から桟道橋までお土産屋の中を歩いて行き、

今度は桟道橋を歩いてみる事にした。

 

 

桟道橋の降り口の向かい側の

岩壁に洞窟を掘って仏像が祀られている。

 

 

クラサエ洞窟といい、

旧日本軍の捕虜や現地労働者たちの宿泊施設だった。

中に入り、靴を脱いで帽子を取り参拝した。

 

このアルヒル桟道橋は線路の上を歩いて行くことも、

下に降りて歩道を歩いて行くこともできる。

 

 

私の奥様に「どっちにする」と聞くと、
「頑張って線路を歩いてみる」と返ってきた。

どうやら高所恐怖症らしい。

 

   

 

私は恐る恐る歩いてくる奥様を、
写真を撮りながら誘導していく。

 

 

帰りは下に降りて歩道を帰ってきた。
下から見る桟道橋は、圧巻である。

 

 

  

 

よくぞ、ここまで作ったものだと感心する。

 

歴史をたどると、
私も日本人なので心苦しい所はあるが、

悲しい歴史遺産の一つであることには間違いない。

 


「戦場に架ける橋」で列車が止まった

 

 

タイ西部の町カンチャナブリー

この町にクウェー・ヤイ川が流れている。

澄んだきれいな川だ。

 

このクウェー川に、
「戦場に架ける橋」で有名なクウェー川鉄橋がある。

 

映画により一躍有名になり観光名所となっている。

 

鉄橋手前は「クウェー川鉄橋駅」があり、
駅前には、ホテルや食事の店やお土産屋が立ち並び、

観光客で賑わっている。

 

 

1日3往復しかしないローカル線は、
バンコクのトンブリー駅から、

ミャンマー国境近くのナムトック駅までの

210㎞を結んでいて泰緬鉄道と呼ばれている。

 

 

第二次世界大戦中、
日本の物資を運ぶために連合軍の捕虜や

現地労働者に過酷な労働を強要して、

ジャングルを切り開いて作った鉄道である。

 

数万人の尊い命が犠牲になり

「死の鉄道」

とも呼ばれている。

 

 

日本人の私としては、
少し心が痛む場所でもある。

 

このクウェー川鉄橋は、
歩いて渡る事が出来る。

 

 

両端の所々に退避場所を設けていて、

列車が来た時に退避できる。

 

私も奥様とのんびり
写真を撮りながら対岸へと歩いてみた。

 

階段を降りると、
戦時中の指令本部を再現したような所に

何故かゼロ戦が置いてある。

 

 

といってもレプリカで、

国旗もタイに変えられている。

 

その奥に大音量で、

スピーカーから音楽を流している

 

数件のお土産屋が並んでいる。

 

私は川辺に腰を下ろして

きれいなクウェー川を眺めながらたたずんでいると、

列車がやってきた。

 

 

 

上りの列車でバンコク方面に向かっている。

 

鉄橋を渡る前に一時停止する。

安全を確認してから汽笛を鳴らして動き出す。

 

もちろん最徐行で、

運転士も鉄橋の上を歩いている観光客に

注意を注ぎながら進んでいく。

 

最近はインスタ映えを狙って、

列車の正面ギリギリまで退けようとしない。

 

 

列車も何度も警告の汽笛を鳴らし近づいて行くが、
数名の観光客が立ちはだかっている。

 

次の瞬間、止まってしまった

 

2~3分止まっていただろうか?

 

運転士は窓から体を乗り出して怒鳴っている。

 

乗客たちも窓から身を乗り出しブーイングの嵐。

 

 

私も一部始終見ていたが、
自撮りしているため列車に対して背中を向け

一人が終わればまた一人ときりがない、
ぶつかる寸前まで平気で撮影している。

 

 

困ったものだ・・・・

 

再び、列車が動き出す。

 

頭にきたのか汽笛を何回も鳴らしながら、
クウェー川鉄橋駅へと向かっていった。

 

くれぐれも常識の範囲内で行動しましょう。

 


ページの先頭へ