パタヤのウォーキングストリートは超過激だった

 

 

東南アジア最大の歓楽街、

「ウォーキングストリート」

パタヤビーチの南東にあり、

24時間眠らない街としても有名だ。

 

 

ウォーキングストリート入り口には、

アーチ形のネオンサインが、

「いらっしゃい」と出迎えてくれる。

 

そこから一歩足を踏み入れると、

別世界が待っている。

 

ストリートは全長700メートル位で、

両脇にありとあらゆる店が待ち受ける。

 

 

 

ゴーゴーバーやライブバー、バービアやクラブ、

レストランやディスコ、更にムエタイショーや、

ショーガールの見世物がひしめき合っている。

 

 

オープンなバービアでは、

艶めかしいレディー達が、

カウンター越しに相手を探している。

 

ウォーキングストリートを歩いている人達は、

国際色豊かで欧米(ファラン)や中国、

インド系など色々な国の人達でごった返している。

 

ガラス張りのショールームには、

過激なビキニ姿のレディーが踊っている。

と思ったら、

ガラス張りのエレベーターの中にも、

過激スタイルのレディーがアピールしている。

 

目のやり場に困るけど・・・楽しい。

 

 

通り沿いには、

呼び込みのレディー達が並んでいる。

 

ファッションは肌の露出度が、

マックスレベルの、ビキニやミニスカート、

中にはセーラー服もいた(笑)

日本人ご用達なのだろうか?

私にはうれしい限りである。

 

実は隣には私の奥様がいる。

 

あまりジロジロレディーばかり見ていると、

回し蹴りを食らってしまう。

 

ウォーキングストリートには、

大道芸人が居たり露天商が居たりと、

私達を楽しませてくれる。

 

 

もちろん、屋台も充実している。

小腹が空いたときには重宝されるし値段も安い。

 

歓楽街と聞くと、

男の夜遊びの場所と思いがちだが、

ここウォーキングストリートは女性も楽しめる。

 

 

ゴーゴーバーやクラブディスコなどは、

女性でも気軽に利用できる。

 

詐欺師も沢山いる。

と言っても私事の詐欺レベルで、

きれいなレディーと思うと、

実は男だったというパターン。

 

タイはニューハーフが多い事でも知られる。

 

余談だが日本のニューハーフのはるな愛ちゃんは、

タイのニューハーフコンテストで優勝している。

 

治安は良い方だと思う。

 

ウォーキングストリート入り口近くに、

ポリスが常時10人くらい待機していて、

巡視なども行っている。

 

たまに置き引きやスリがあるらしいが、

貴重品は肌身離さずが鉄則だ。

手に持つバッグなどは好ましくない。

 

出来るならボディーバックや、

ウェストバッグなどがおすすめである。

 

パタヤに来たら、

夜のウォーキングストリートをお忘れなく!


スカイブルーとマリンブルーのラン島

 

 

パタヤビーチでくつろいでいた時に、

「ラン島はもっといいよ」と私の奥様が言っていた。

 

早速、次の日ラン島へ行ってみる事にした。

 

パタヤの宿泊先のホテルからソンテウに乗り、

船乗り場のバリハイ桟橋へと向かうが直接は行かないらしい。

 

とりあえずパタヤビーチ近くまで行ってもらう事にした。

 

パタヤビーチまで歩いて行き、

ビーチ沿いを走るビーチロードで次のソンテウに乗った。

 

南へ向かうとアジア最大の歓楽街、
「ウォーキングストリート」の入り口にぶつかる。

 

 

普通はここから左へ曲がりセカンドロードへと行くらしいが、

朝も早い事と私達しか乗っていなかったこともあり、

特別にウォーキングストリートの中を走ってもらい

バリハイ桟橋入り口まで行ってくれた。

 

 

これで一人10バーツ、

感じがよかったのでチップと一緒に50バーツ支払う。

 

 

7時のフェリーに乗る予定だったが、
ナーバーン桟橋行きだった。

 

ラン島は2カ所の桟橋があり、

島の手前にあるのがナーバーン桟橋、

島の裏側にあるのがターウェンビーチ桟橋だ。

 

私達はターウェンビーチ桟橋に行くので

次のフェリーを待つ事にした。

7時半頃フェリーが入ってきた。

 

乗り場の係の人からチケットを買う。
一人30バーツを支払いフェリーに乗り込む。

 

 

 

まだあまり人はいない、

と思ったら次から次へと観光客が乗り込んできて

あっという間に満席になる。

 

8時の出港予定だがまだ出ない。

 

汽笛が鳴りそろそろと思ったら、

次々と走ってくる観光客をこれでもかというくらい乗せている。

きりがない。

結局20分遅れで出港した。

 

所要時間は約45分、

山肌のPattayaサインの文字がだんだん小さくなっていく。

 

観光客のほとんどが水着にTシャツスタイル。

 

心地よい風を受けながら海の景色を楽しんでいると、
少しずつラン島が近づいてきた。

 

山の中腹に大きなお坊さんが座っているのがはっきり見える。

 

ラン島に到着した。

 

桟橋へとだんご状態で次々に降りていく。

長い桟橋を歩いてターウェンビーチを目指す。

 

下をのぞくと透き通ったきれいな海、

岩肌のイソギンチャクなどはっきりと見える。

正直パタヤビーチとは比べ物にならない。

 

 

まだ、朝一番のフェリーなのでビーチは人も少ない。

 

少しお腹が空いたので

出店で炭焼きのシーフードなどを調達する。

 

 

ビーチチェアをレンタルして、
まずはこのラン島に「乾杯」

 

透き通る海に空の青さが写りこみ、

まさにマリンブルーとスカイブルーのコラボレーション

「あ~最高・・・」

南国の海だと心から実感した。

 

 

ゆっくりと流れる心地よい時間、
人もまだ多くない時間、物売りもあまり気にならない。

早速着替えて泳いでみた。

 

というより、

どこまでも遠浅で泳ぐには少し深場まで行かねばならない。

しかし、きれいだ。

このような透明度の高い海は初めてである。

 

 

少し泳いでビーチで寝転んでまた泳ぐ。
子供の頃に帰った気分、最高である。

 

お昼頃には、ビーチも大勢の観光客で賑わっていた。

 

最終フェリーは夕方の5時、
それまでゆっくりラン島を満喫できる。

 

私はなんて贅沢なんだろう?と思いながら、
海で遊び、ビーチサイドで飲んで食べてまた泳ぐ。

 

 

今度は、このラン島に泊まりながら楽しんでみたい。

 

ありがとう、ラン島
(コップクンクラップ・コー・ラン)


誰も教えてくれない「パタヤビーチ」の実態

 

タイの観光の定番でもあるパタヤビーチ、
アジアを代表するビーチリゾートとして有名である。

 

バンコクから車で2時間半の便利な立地にあるため、
各国からの観光客でにぎわっている。

 

私も何度か訪れているが、
ガイドブックには絶対載っていない裏事情を紹介したいと思う。

 

 

 

 

パタヤビーチの実情

 

パタヤには、7つのビーチがあるが

ノース、センター、サウスと大きく分かれていて
各ビーチは、中国系、インド系、ヨーロッパ系と分散している。

 

ビーチサイドには、
どこもびっしりとビーチパラソルが並んでいる。

 

場所により、値段に違いはあるが
だいたい ひとり80バーツから100バーツが相場である。

(1バーツ約3.4円)

 

リクライニングチェアが
木製の布のシートのものが大半で、
中にはプラスチックの椅子だったり、
リクライニングしないものだったり、
多種多様にテーブルとセットで並んでいる。

 

基本は1日レンタルしても同じ料金

早速、ビールを買ってまずは乾杯。

私は、リオのビールが好きだ、
安くてさっぱりしていて飲みやすい。

 

 

タイの物価は日本より安いが、
物によっては日本と変わらない。

酒類やたばこなどはほぼ同じである。

 

ビールを飲みながらリゾート気分を味わい、
ゆっくりと流れるタイの時間に、
日本での慌ただしさを、
ここでは忘れさせてくれる。

 

少し泳ぎたくなり海に向かった。

波はない穏やかな海だが少し濁っている。

 

 

写真とは違うなと思いながら、
足を進めていくと違和感が・・・

 

 

なんとビンの欠片

 

 

幸い尖った部分ではなかったので、
大事には至らなかったが
ひとつ間違えば足の裏に刺さっていた。

 

よく砂浜を見ると、
あちらこちらにビンやビニール袋などの、
ごみが無造作に捨てられている。

 

「なんじゃこりゃ~」

 

これが有名なパタヤビーチ?

 

正直がっかり、
日本の海水浴場のほうが、
まだきれいだと思った。

 

最近はパタヤもごみ問題に力をいれ、
大がかりな一斉清掃を定期的に行っている。

 

 

 

トイレ

 

ビーチでくつろいでいると、
度々やってくる尿意感
ビーチ自体にはトイレがない。

 

道路を挟んで向かい側に、
たくさんの店やショッピングモールなどがあり、
トイレのたびに借りに行かなければならない。

 

ただし、トイレはほとんどが有料である。

 

1回5バーツ 紙は3バーツ

 

ビールを飲んでいると頻度が増す、
そのたびにお金がかかる。

 

 

最近は、ロイヤルガーデンプラザという、
ショッピングモール近くの
ビーチパラソルしかレンタルしない。

 

 

なぜなら、
モール内のトイレはただで利用できるし
トイレットペーパーもあるし洋式できれいだ。

 

他の店のトイレの場合、
ほとんどが和式タイプ。

 

用を足した後は、
水瓶(水をためる壺のようなもの)に
手桶があり汲んで流す方式。

 

水をためる物も色々あり、
大きな甕(かめ)だったり、
ミニバスタブみたいなものだったり
大きなバケツだったり様々だ。

 

 

物売り

 

ビーチでくつろいでいると突然現れる物売り。

 

それも、一人や二人ではない
次々と現れる多種多様な売り子。

 

 

宝くじを売って歩く人、フルーツ売り、

からあげなどのおつまみ、フットマッサージ、

おもちゃ売り、ビーチボールや浮き輪売り、
パラセーリングやバナナボートの勧誘

剣先いかを炭火であぶって売っている焼きするめ屋

 

珍しい商売を見た。

 

鳥籠をぶら下げて歩いてくる親子、
子供が鳥かごを持っている。

籠の中にはすずめらしき鳥が数羽いる。

 

母親は松葉杖をつきながら近づいてくる。

 

なんだろう?

 

母親は両手を胸の前で合わせながら、
タイ語で何か頼んでいる。

 

 

私の奥様の通訳である。

 

「私は体が不自由で、この子と二人で生活しています。
食べて行くのがやっとなのです。
どうかこの鳥を買ってください、お願いします。」

 

 

「買ってどうするの?」

 

「逃がしてやってください、それによりあなたは
仏教の教えである徳を積む事をしたのです」

 

「いくら?」

「350バーツ」

 

日本のお金で1200円くらい

 

かわいそうだなぁと思い買おうとしたら、
奥様からピシャリ・・・

 

後から奥様から、
あれは演技、 同情してもらい鳥を売る商売。

 

あんな鳥はその辺にいっぱいいる
母親の松葉杖もうそだから・・・と

 

タイのハングリー精神に脱帽です。


ページの先頭へ